民泊事業

ゲストに日本の暮らしを体験できる民泊と地域ならではの体験を提供

いま、訪日観光客の10人に一人が「民泊」を宿泊先として選んでいます。
(※)彼らは、日本を「暮らすように旅をする」宿泊と体験を求めています。
私たちは、訪日観光客のゲストの方へ、快適な民泊とその場所ならではの体験を提供することでおもてなしをしたいと考えています。

私たちは地域の方と協働し、民泊事業を運営することで、地域活性化、地方創生に取り組みます。
※2016年10月末時点の訪日観光客数、2,000万人に対し、airbnbの利用者数は300万人

photo

空き家をなくしたい

現在、日本の空室率は20%超となっており、今後も増加することが予想されます。
特に都心以外の空室率は酷く、ずっと利用されてない部屋が沢山あります。

その空き部屋を有効活用したいと思って民泊に取り組んでいます。民泊として利用することにより空家がなくなるということは、街に人が増えることにつながり、街に人が増えれば街が活性化します。空き家対策は地域活性化に直結します。

一期一会を大切に

私たちは単に民泊施設を提供するだけではなく、世界中の様々な国から日本を訪れたゲストとの「交流」や「体験」を大切にしています。
日本に暮らす私たちにとって当たり前の体験も、ゲストにとっては非日常な経験となり、そのような体験はいつまでも思い出として残ります。

地域の体験を海外の方にも利用できるように企画し、提供します。地元の方にとっても、ゲストの喜ぶ笑顔は、仕事のやりがいに繋がり、日本の人々も元気になると思っています。

photo

事業展開について

私たちは、エリアに特化して民泊事業を展開し、その街や地域がゲストに選ばれるようにブランディングをしています。また、地元の人しか知らないようなお店を紹介したり、花火大会などのイベント、着物の着付け体験など、ローカルな日本を楽しめるように、情報発信をしたり、体験プランを企画しています。
2016年3月より千葉県松戸市で民泊をスタートし、現時点で25部屋を運営しています。千葉県で民泊物件数は1位のシェア率となっています。

また、地方展開の第1段として、宮崎県日南市で民泊事業をスタートします。日南市では、民泊事業のみを展開するのではなく、オペレーション機能も移転し、リモートワークを行い、地方での雇用創出にもつなげています。

今後、その他の日本の魅力あふれる地域での民泊と体験を増やしていきます。

私たちが民泊を展開するエリアを旅する新たなルートができればおもしろいと思っています。